ペンギン・ジャック西川2010009着いたその日に不動産屋に転がり込んで「何とか今日から住まわせて下さい」ってお願いして ―――西川 

「え?就職?しないしない」って言って出てきちゃいました(笑) ―――中田
ペンギン・ジャック2010003

―――で、西川君はその後留年しちゃったけど、二人は一緒に上京してきたんだよね?

中田:はい。西川が卒業するまでの半年間は、ずっとバイトしてお金貯めてました。

西川:正確には9月卒業だったんですけど、6月には講義終っちゃったし、テストも良かったんで間違いなく(単位は)取れたなと。で、7月の初めにはこっち(東京)に来てました。

―――でも、上京してからのあては何もない…

西川:住む場所もこっち来てから探し始めましたからね。

―――そうなの??(笑)

西川:着いたその日に不動産屋に転がり込んで「何とか今日から住まわせて下さい」ってお願いして。

―――そんな無茶苦茶な(笑)

中田:不動産屋がねじ込んでくれました。

―――ネットとか使って事前に探さなかったの?

中田:色んな不動産屋に長崎から電話したんですけど、「仕事がないとダメだ」とか「収入証明がないとダメだ」とかで全部断られて。

―――なるほどなぁ。

中田:「こりゃ、行ってから何とかするしかない」ってことになって。

西川:しかも音楽やりにきたのに、どこのライブハウスでやるとか、どこを拠点にするのかとか、そういうことを全く考えてなかったもんで、半年くらい途方に暮れてバイトばっかりしてました。

―――行き当たりばったり(笑)

西川:もういっぱいいっぱいでしたね。他に何もやれませんでした(笑)

―――卒業式はどうしちゃったの?

西川:長大は半期卒業だと(卒業式)ないんですよ~。

中田:僕の卒業式に西川は在校生として出ていました。サークルの後輩とかと一緒に。

西川:…まぁ、複雑ですよね。

―――(笑)お察しします。

西川:浪人して留年してますからね。

―――中田君は浪人してないんだっけ?

中田:してないです。

―――やっぱりなー。おれも浪人してるけど、西川君には空気を感じるもん。浪人の空気。人生を遠回りするオーラが(笑)

西川:かなり遠回りしてますからね(笑)

中田:だから僕は(西川より)一つ年下なんです。

西川:精神年齢では20歳くらい差つけられてるんですけどね。

―――(爆笑)浪人生って、みんな老け顔なのに精神年齢は低い。

西川:ほんとそうっすよね!あの雰囲気なんなんでしょうね。みんな同じ顔してますよね(笑)

―――人生の裏道に入っちゃった顔(笑)。それはそれで楽しいんだけどね。

西川:まぁちょっと納得行かない部分はありますけど。

―――(笑)それにしても、普通は悩んでぶつかってしまうような進路の壁をあっさりクリアしちゃってるように見えるのがすごいなって。…ご両親には反対されたりしなかった?

西川:うちは…驚きはしましたけど、最終的には「やってみたら」って言ってくれました。最初は「あんたにそんなこと出来るわけなかたいね!」ってド叱られましたけど。

―――なかたいね!(笑)

西川:「ちょっとやってみたいから…」って。

―――ちょっとじゃすまんでしょう(笑)

西川:で、その後で家族とか、母親が仕事しているところの司書みたいな人が来て、そういう人たちと話す中で「まぁしばらくやらせてみんね」「頑張ってこんね」ってことになりました。

―――いい家族だなぁ。

西川:「普通はこんな親おらんぞ」みたいなことは言われましたけどね。「あんた恵まれとるよ」って(笑)

―――中田君のご両親は…?

中田:おれは許可をもらったって感じじゃないんですよね。未だに母親が「就職どうするんだ」って言ってきますからね(笑)

―――「もう行くから」と(笑)

中田:そうするとなんか親のほうも「あー、そうなんだー」みたいな空気になってきて(笑)。だから別に説得もしてないですし、許可をもらったとかそういうこともないんですよね。

―――勝手に来ちゃったんだ。

中田:「え?就職?しないしない」って。

―――(笑)二人とも就活はしてないの?

西川:中田はやってないですよ。僕はちょっとだけやって、面接とか受けたりしたんですけどね。仕事しながら音楽活動して、もし芽が出るんなら東京出て…みたいなことも考えてたんですけど、それじゃやっぱり遠回りだしなって。仕事やってたらそんな時間ないだろうしと思って。

―――でも、そう言えば確か二人とも「期限付き」で出てきてるんじゃなかったっけ?

中田:一応「2年」って言ってきてるんですよ。

―――でももう3年目じゃん。

中田:CDも出したしライブも続けてるし、これからだからって言って…煙に巻いて(笑)

西川:そのこと自体無かったことのように。

―――(笑)

西川:1年でやっと環境に慣れて、1年でやっと準備が出来て、さあこれからだ!って言ってます。

―――準備が全く出来てなかったんだもんね(笑)

西川:まぁ今となってはみんな応援してくれてますし…本当にこれからですよね。じいちゃんばあちゃんが生きてる間に何とか…って思ってます。

ペンギン・ジャック2010006ペンギン・ジャック2010007