P1010756 (3)『ペンギン・ジャックのガリレオ・ガリレイ!』皆様に突っ込まれながらトークと演奏をお送りする愉快な30分です ―――中田

たまにキツイのもありますけどね。「氏ね」とか(笑) ―――西川
ペンギン・ジャック2010008

―――こうして何とか東京での生活が始まったわけだけど、その後無事にライブ拠点も見つかって、今日まで精力的に音楽活動を続けて来られてるのは、本当にすごいことだと思う。「なんだ、人間、意外とやれば出来るんじゃないか」って。

西川:ありがとうございます。本当に…支えてくれてるファンの皆さんのおかげですよね。

―――これからペンギン・ジャックはどこに向かって行くんだろうね。

中田:年内に、僕たち二人に加えて、サポートでベースとドラム…一緒にライブをやってくれる人を探したいなって。バンドでやれるような新しい拠点を探しながらになりますけど。

―――GLAYもドラムいないからね!

中田:そこまで大それた話じゃないですけど(笑)

西川:ポルノグラフィティと同じようなもんですよ。

中田:くるりと同じですね。

―――それも十分大それてるって(笑)

西川:僕がベースやるのはどうなのかなとか、ちょっと考えてるんですけどね。

―――アルフィーだ(笑)

西川:アルフィーも桜井さんですからね。

―――「も」って…西川君は桜井(和寿)さん好きだからな~(笑)。そういえば、ライブの時は西川君もサングラスかけてるしね。

中田:あのサングラスは正直どうかと思うんですよね~

―――うーん、確かにそうかも。

西川:出来れば新しいの買いたいんですよね。

―――だってあれ、チャイニーズマフィアみたいだよ(笑)。しかも最初の方でボスかばってすぐ死んじゃう役。

西川:ほんとそうなんですよ(笑)

―――今かけてるメガネがサングラスになってるくらいがちょうどいいと思うけどなぁ。

中田:これをもうマジックで黒く塗っちゃえばいいんじゃないの?だってほら、度も入ってるし。

―――いやいやいや、度とか以前に前見えなくなっちゃうから(笑)

中田:度が入ってる方が絶対いいですよ。

西川:コンタクトするから大丈夫だって(笑)まぁ、そろそろマズいかな~とは思ってたんですよね。

―――そろそろって(笑)

西川:衣装も悩み中なんです。中田はあれでいいと思うんですけど…僕がついサラリーマン風になりがちなんで(笑)。もう少し崩してもいいのかなって。

中田:今日みたいな恰好でいいんじゃないの?これならサラリーマンには見えない。

西川:でもこのままだと…うまくいっても浪人生ですね。

―――頑張っても浪人生(笑)

中田:(笑)浪人生でもサラリーマンよりは若く見えるよ。

西川:僕は、きっちりしたのは…たぶんダメなんでしょうね。汗臭く見えちゃうのかな(笑)

―――中田君が西部のガンマン風だから、西川君はバーのマスターみたいにしちゃうとか?中田君のどんな注文にも粋なカクテルで応えるみたいな(笑)

中田:パリッとした白いシャツとか、いいかも知れないですね!

―――顔が濃いんだから、服装はサッパリが似合うよ。

西川:濃いですか??

中田:濃いっていうか、存在感があるからさ。

―――ナイスフォロー!(笑)

西川:モノトーンでまとめたいとは思ってるんですよね。

中田:白いシャツに黒いパンツだけでも引き締まって見えると思うよ。バーのマスターが襟をちょっとだけ上げてたりするじゃない?袖も少しめくってたり…正装をちょっと着崩してるイメージかな。

西川:それじゃバーのマスターの恰好を勉強してみようかな。

―――エプロンもつけちゃおう。

西川:大学生のノリじゃないですか(笑)

中田:彼は料理もうまいですからね。

―――そう思った。好きそうだもん。

西川:ええ。作ってくれる人がいないですからね。

―――(スルー)カフェの店員も最近かっこいいじゃん。

中田:スタバは上下黒に緑のエプロンですよね。

―――それで行こう!

西川:上下黒に緑のエプロンですか??勘弁してください…(笑)

―――料理は女の子にかなりアピールできるぞ~。最近流行ってるやん!ケンタロウとか。

西川:ジャンルが全然違うじゃないですか~(笑)

―――『漁港』とか、ライブハウスで鰹おろしてたりしてるよ。

西川:…むしろそれはやってみたい気もしますけど(笑)。ちっこい魚なら出来そうです。

―――ちっこい魚じゃパフォーマンスにならないでしょ!(笑)

中田:…と、まぁこんな感じで二人が出会って7年経ちました。

―――まとめちゃった(笑)

西川:とにかくこれからは服着替えて、サングラス変えて、手伝ってくれそうな人に声をかけて…っていうところからですね。

―――全部自分たちで一から作り上げていくのは大変だろうけど、やっぱり面白いもんだよね。ニコ生で毎週生ライブが見れるっていうのも遠方者にとっては本当に嬉しいサービスだと思う。あれだって全部二人の手作りだもんね。

中田:『ペンギン・ジャックのガリレオ・ガリレイ!』毎週木曜日午後9時~午後9時30分ニコニコ生放送にて放送中。トークと演奏を、皆様に突っ込まれながらお送りする愉快な30分です!

―――この際だからしっかり番宣して下さい(笑)

西川:もう40回突破してるんですけど、今は即興コーナーがメインで、その場で視聴者のテーマソング作ったりしています(笑)

―――サービスしすぎだよ~(笑)

中田:YouTubeとか、ニコ生以外にも色々あったんですけど、視聴者のコメントが画面に流れるのがやっぱり面白いなって。

西川:たまにキツイのもありますけどね。「氏ね」とか(笑)

―――え~(笑)

中田:「氏ね」は何回かありましたね。

西川:「へたくそワロタ」とか…

―――普通に傷つくよね、それ(笑)

西川:唄ってる最中にやられちゃうと、かなりショックなんですよ(笑)

中田:そういう奴とは番組中に喧嘩します。

―――そんなん見れちゃうの??(笑)

西川:この前の放送で「ヴァーカ、やめちまえ」みたいなコメントが入ったんで、番組内で「二度と来んな」って言っちゃいました。

中田:そしたら向こうが急に「すみませんでした」「また来ます」って、態度がコロッと(笑)

西川:本音が何なのか良く分からないですけどね。

中田:「モウコネーヨ!」じゃなくて「また来ます」ですからね(笑)

西川:まぁ、そんなハプニングも生放送の醍醐味なので(笑)、まずは生放送を見てほしいなぁって。

中田:広島で一人、すごく僕らを気に入ってくれている人がいて…何とか今年中に広島でライブ出来ないかなぁって思ってるんです。

西川:そういう人が一人でもいる限り、僕らはこれからも世界中どこでも歌い続けます!…って、ちょっと締めのコメントにしては優等生過ぎましたね(笑)

―――そんなことないって(笑)

中田:今日は本当にありがとうございました。

―――こちらこそ!

西川:でも、エプロンは着けませんからね(笑)

[2010年8月・後楽園]

P1010760 (2)P1010782 (2)