ロンドン五輪
ロンドン・オリンピックが閉幕しました。実は、このオリンピック開催も、ストーリー思考の成功が実現に導いたものでした。舞台は2005年のオリンピック開催候補地の決定直前にまでさかのぼります。それまで、各候補地はオリンピック招致に向け熾烈なレース争いを繰り広げてきました。そのレースにそろそろ決着がつこうかというクライマックスの場面です。

候補地として名乗りを上げていたのは、パリ、マドリード、ニューヨーク、モスクワそしてロンドンの5都市。そして最終的に残ったのはパリとロンドン。そうした中、本命視されていたのは実はパリでした。

しかし、ロンドンは最後のプレゼンテーションとプロモーション・ビデオで大逆転し、開催地の座を射止めたのです。

とりわけ、そのプロモーション・ビデオが投票権を持った各国の国際オリンピック委員会(IOC)メンバーの心をゆさぶり、共感を生み出したことが、ロンドンの勝利を決定づけたと言われています。

競合だった開催地候補のプロモーション・ビデオの制作監督は、名だたる映画監督たちでした。たとえばニューヨークはスティーブン・スピルバーク。そして最終的にロンドンと争ったパリはリュック・ベッソン。

一方、ロンドンのプロモーション・ビデオを制作したのは当時、世界的にはほぼ無名の映像ディレクター、ダリル・グッドリッチ。

そのビデオは『インスピレーション』というタイトルのものでした。まずは、その作品をご覧ください。

Olympic 2012 - Inspiration

さまざまな国の小さな子供たちがオリンピックの映像にインスパイアされ、あの舞台に自分が将来立つんだ、と決意するシーン(つまりインスピレーションを得た瞬間)が印象的に描かれています。

大切なのは、この連載で前回お伝えしたストーリーの4つのステージ、「越境」「危機」「成長」「勝利」がこのビデオの中にきちんと含まれていて、見る私たちの共感を生むようなものになっている点です。

【越境】インスピレーションを得た子供たちが、
【危機】さまざまな苦難を乗り越えながら、
【成長】思い思いにトレーニングを続け、人間として選手として成長していく。
【勝利】そして最終的にはロンドンオリンピックで活躍し夢を叶える

……という流れが描かれています。

それだけではありません。人種、民族、地域的多様性のある複数の主人公たちのストーリーを描いたことも功を奏しました。彼ら主人公は、アフリカ系黒人、アジア系黄色人種、南米系黒人、ヨーロッパ系白人の子供たち。 各国の代表によって構成されるIOCメンバーたちは、比較的自分に近い、人種、民族、地域性を帯びた主人公に感情移入し、知らず知らずのうちに彼らを応援していたのではないでしょうか。

また、人種、民族、地域的多様性を持った主人公を起用することで、「英国主催のオリンピック」というより「さまざまな国・地域の人々みんなのオリンピック」だというメッセージも伝わったはずです。

こうしたストーリーとそこにあるメッセージを受け止めたからこそ、IOCメンバーの人々はロンドンを支持し、その結果として2012年ロンドン・オリンピックが開催されたというわけです。

逆に、この映像、そしてそこに込められたストーリーがなかったら、ロンドン・オリンピックは開催されなかったかもしれないのです。

こうした事例は本当にたくさんあるので、今後も折を見て紹介していきますが、あなたがストーリーを仕事やプライベートにおいて活用していく上でのヒントにしていただければと思います。

ストーリーを活用することで、あなたの人生にも自分自身びっくりするくらいの大きなプラスの変化を起こしていきましょう!

阿久澤 騰
あくざわのぼる/日本大学芸術学部助手時代に、大学を飛び出し民間企業の広報担当者の道を歩む。現在、ストーリーを軸とした広報・PR・ブランディングを実践中。ブログ「阿久澤 騰 ストーリー思考のススメ
>> 続きを読む