本アイコンハーバード大学史上最多の履修生数をほこるマイケル・サンデル著『これからの「正義」の話をしよう』。サンデル教授の考える「正義」の視点で、小説『悪人』を読んでみると意外な真実が…?これからの「正義」と「悪人」について、またまた2人の女の子が語ります。
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学悪人


路面電車ケース1


君は路面電車の運転手で、時速100キロの猛スピードで走っている。君は行く手に5人の労働者がいることに気付いて電車を止めようとするが、ブレーキは効かない。君は絶望する。そのまま進んで5人の労働者に突っ込めば5人とも死んでしまうからだ。

ここではそれは確実なことだと仮定しよう。

君は何もできないとあきらめかける。が、その時、脇にそれる線路待避線があることに気付く。しかし、そこにも働いている人が1人いる。ブレーキは効かないがハンドルは効くので、ハンドルをきって、脇の線路に入れば、1人は殺してしまうけれども、5人は助けることができる。



あゆみ:サンデルの有名な問いかけだよね。まずは取っ掛かりとして、この話からサンデルの「正義」について考えていこうと思うの。

もえ:もう、最初からちんぷんかんぷん。一応本は読んでみたけどさっぱり。何を言ってるのか全然理解できないもん。さすがハーバード大学の学生向けの講義だわ。

あゆみ:確かにね(笑)。でも、もえだったらこの場合どうする?

もえ:怖いことだけど、犠牲が1人ですむのなら、脇にそれるかな。どうせ犠牲が出るのなら5人より1人の方が…。

あゆみ:大多数の人は脇にそれると答えると思うんだけど、逆の考え方もあると思うの。少数意見ではあるけど、例えば大虐殺や全体主義を正当化する真理と同じであるとかね。じゃあ、次の場合はどうかな。


路面電車ケース2


今度は、君は路面電車の運転手ではなく傍観者だ。電車の線路が見える橋にいて、見下ろしていると。電車がくるのが見えた。線路の先には5人の労働者がいる。ブレーキはきかない。このままだと

電車は猛スピードで電車は突っ込み5人は死ぬ。今回は君は運転手ではない。

何もできない、と諦めかけた時、自分の隣に橋から身を乗り出しているものすごく太った一人の男がいることに気付く。

もし、君がこの太った男を突き落とせば、彼は橋から走ってくる電車の前に落ちる。彼は死ぬが5人を助けることができる。



あゆみ:5人を助けるためなら隣の大男を突き落とす?これも1人が犠牲になれば5人が助かるよ?

もえ:数字上はそうかもしれないけど、この場合、私は5人が犠牲になる方を選ぶかな。だって全く関係ない大男を自ら突き落とさないといけないんでしょ?いくら5人を助けたとはいえ、大男を突き落としてしまったのだから殺人行為になるし。あえて殺人者になるより傍観者のままでいたいかな。大男とはいえ、彼にも人生があるし私が彼の生きる権利を奪っていい理由はないもん。

あゆみ:じゃあこの場合は1人より5人の犠牲を支持するんだね?

もえ:できることなら、みんな助かってハッピーがいいけど…。そういう条件ならそうだね。


今さら聞けない「コミュニタリアニズム」って?

あゆみ:2つのケースについて話してきたけど、サンデル教授によると、前者のような”5人の命を救うためなら1人の犠牲はしかたない”という考え方は、最大多数の最大幸福―「功利主義」と言われているの(福利型正義論)。

一方、後者は”個人の尊厳や人権が大切であり、多くの人が幸せになるためであっても個人の権利を奪うのは正しくない”。そういう人間の尊厳に価値を置く考え方で、「リベラリズム」または「リバタリアニズム」と呼ばれているの(自由型正義論)。

もえ:もう駄目~。そういう何とか主義とか何とか論とか、そういうの難しくて訳わかんなくなっちゃうよ。

あゆみ:まあまあ(笑)もうちょっと我慢してね。実はもう1つ別の正義論があって。”美徳の促進”という考え方で、「目的論」「コミュニタリアニズム」と呼ばれているものがあるんだ(美徳型正義論)。例えば、ここに5つのフルートと5人の演奏者がいるとして…誰にどのフルートを分配する?

もえ:うーん。公平にくじとか?

あゆみ:それもあるけど、そのフルートの価値を誰よりも理解して、最大限に生かせることのできる一番良い演奏者に一番良いフルートを与えるのが良いと思わない?

もえ:まあ、それもありだよね。私にフルートは必要ないし。フルートの良さを伝えれるのは上手い演奏者の方がみんな納得できるかも。

あゆみ:そう。社会に与える利益が大事なの。個人の権利、利益と共同体全体としてのバランスの必要性を強調していて、”個人は文化や属する共同体の価値感によって形成される”という考え方で、それをコミュニタリアニズムって呼んでいるの。

もえ:頭いい人はいろんなこと考えるんですね。どうしてそんな考えにたどりつくのかホント謎。

あゆみ:これらはもっとずっと以前の哲学者の考え方で、それをサンデルが分かりやすく正義について解説してるの。要は、最近流行の解説本だね。ニーチェとかドラッカーとか先代の言葉を、池上彰風に分かりやすく説明してくれてる感じ。でね、この3つの考え方が、吉田修一原作の大ヒット映画「悪人」を考察していく上でキーワードになってくると思うんだ。


3つの正義論から読み解く「悪人」

①最大多数の最大幸福「功利主義」:ベンサム(イギリス)
②人間の尊厳に価値を置く「リベラリズム」:カント(ドイツ)
③美徳と共通善をたたえ育むこと「コミュニタリアニズム」:アリストテレス(ギリシャ)

もえ:いやいや。どんな正義論を並べられたって、殺人は殺人。許されるものじゃないと思う。「悪人」も読んだけど、やっぱり私は加害者である清水祐一は理解できないよ。

あゆみ:でも、被害者の佳乃にも問題はあったよね。出会い系サイトで複数の男性と金銭目的でヤりまくって、同僚にも嘘をついて。増尾に対しても無神経な態度で、それで怒らせて山道に置き去りにされたなんて、正直かなり自業自得だと思う。祐一だって一度は佳乃にコケにされて、それでも山道に置き去りにされた佳乃を助けようと声をかけたのに、「人殺し」だの「拉致られてレイプされそうになった」だの「嘘つき」だの、散々暴言を言われて濡れ衣を着せられそうになって…その上での犯行だから、同情する部分はあると思うんだ。

もえ:だからって、佳乃の生きる権利を奪っていい理由にはならないと思う。ほら、人間の尊厳ってやつだよ。

あゆみ:別の考え方もできるよ。1人の犠牲で佳乃に関わる周りの多くの人が救われるんだよ?佳乃っていうウィルスさえいなければ。

もえ:結果はそうかもしれないけど、それじゃあ殺人を肯定してることにならないかな?

あゆみ:そういうつもりはないんだけど、正義論からみればどちらの解釈も正しいし、間違ってはいないってこと。私だって本当は殺人は許せないと思うもん。

もえ:ちなみに、3つ目の正義論だと殺人をどう解釈すればいいの?

あゆみ:いい質問ですねー(笑)。そのために法律があるんじゃないかな。私たちは生まれた瞬間から社会の一員としての人生が始まるよね。社会に属する以上、社会のルールには従わないといけなくなる。その前提となるのが法律や秩序、常識だよね。もちろん、ルールに従う代わりに、同時にそのルールに守ってもらえるようにもなる。

もし仮に、”大勢の権利が守られるなら多少の犠牲はかまわない”というような考えが通ってしまえば、殺人が容認されてしまうことになりかねないし、国としての機能が破綻してしまうよね。かといって尊厳をあんまり重視し過ぎるすると両者の権利や主張がぶつかりあってしまうから、ある程度はお互いの妥協や譲歩が必要になってくる。それらを調整して、公平性を保つ役割を担っているのが法律なんじゃないかな。

もえ:すごい。哲学って全然関係ない世界かと思ったら、ちゃんと私たちの生活に関わっているんだ。

あゆみ:民主主義の世の中だから解釈は自由なんだけど、一歩間違うと、正義という名の下にテロや殺人、戦争や支配なんてものが通用してしまう点にも危惧しないといけないね。

もえ:コミュニタリアニズム万歳だね。

あゆみ:サンデル自身は「問いを投げかけ、それぞれが考え悩み続けることに講義の意味がある」と、何が真の正義かまでは言及していないのだけれど、コミュニタリアニズムを支持しているとも言われているの。

もえ:そうなんだ。

あゆみ:ただ、コミュニタリアニズムにも限界があるとして、最終的にはサンデルの講義みたいに、”対話してそれぞれが考え、答えを導くことこそが、本来のあるべき正義なのではないか”っていう考え方みたい。

もえ:そっか…そうだよね。法律っていっても何十年も前に決められたものもあって、それじゃあ今の問題に対応できなくなってることもあるし、その都度立ち止まって考えていくのも大切だね。

あゆみ:新しい4つ目の正義論だね。今回は「殺人」というテーマだったけど、これからの自分の生き方や方向性なんかも、これらの正義論から考えていくと面白い議論になると思うな。今回は人間の尊厳って否定的な意味合いだったけど、個人的には結構好きな言葉だし。解説本が流行する中で、サンデルの本を買ったどれだけの人がそこまで自分に置きかえられるか分からないけど、せっかく大ヒットしたんだから自分自身を見つめなおす良いきっかけになればいいね。



悪人 スペシャル・エディション【悪人】保険外交員の女性(石橋佳乃)を殺害してしまった1人の男(清水祐一)。彼は別の女性(馬込光代)を連れ、逃避行に及ぶ。何故、事件は起きたのか?事件当初、捜査線上に浮かび上がったのは、地元の裕福な大学生(増尾圭吾)だったが、拘束された増尾の供述と、新たな目撃者の証言から、容疑の焦点は祐一へと絞られる。この事件をめぐって、加害者と被害者、そして、残された彼らの家族達の揺れ動く日常が克明に描かれていく。彼の凶行は、何によるものなのか?その背景に潜む、母と子の出来事。関係者達の心情によっておりなされる群青劇は、やがて2人の純愛劇へと昇華していく。何故、光代は祐一と共に逃げ続けるのか?2人は互いの姿に何を見たのか?そして、悪人とは誰なのか?



あゆみ
あゆみ/198*年生まれ。N大学総合政策学部卒業、保険会社勤務を経てファイナンシャルプランナーとして家庭を守る。

もえ
もえ/平成生まれの誰からも愛される可愛いルックスで某モデル協会に所属。趣味はお散歩。


孫正義語録日本人よ、もっと悪人になりなさい