なぜ今「海賊」が熱いのか…!?今春シリーズ4作目が劇場公開され、既に5、6作品目も製作が決定しているパイレーツ・オブ・カリビアン。そして日本だけでなく海外でもその人気を不動のものとしているワンピース。この2作品から日本で海賊がウケている理由を探る!
ワンピースフィルム ストロングワールド [Blu-ray]【期間限定セール】パイレーツ・オブ・カリビアン ブルーレイ・トリロジー・セット 【初回生産限定】【Blu-ray】【Disneyzone】


空前の海賊ブーム!そのワケは?

あゆみ:ワンピースもパイレーツ・オブ・カリビアンもすごいね!パイレーツ・オブ・カリビアンはこれまでの3部作で全世界26億8000万ドルを売り上げて、4・5部作目も計画されてるんだって。ワンピースなんて、62巻までの発行部数が2億3000万部もいったんでしょ?世界でも30ヶ国語に翻訳されているっていうし。印税考えると羨ましいな(笑)

もえ:私、ワンピース全巻持ってるよー!

あゆみ:私も最近、アニメからワンピースを見るようになったんだ。まだ語れるほど詳しくはないんだけど、次の展開が気になっちゃって面白いね!

もえ:今じゃ色んな企業ともコラボしててすごい人気だよね。

あゆみ:もえはワンピースのどういうところが好きなの?

もえ:ストーリーやキャラクターかな。主要キャラや敵キャラ、キーキャラもみんな個性が強くて、それぞれの過去もしっかりしてて、中には感動する話もあるの。話の要所、要所に布石が散りばめてあってそれらが1つに繋がったりするとまたワンピースの世界に惹きこまれちゃうし。

あゆみ:ひとつなぎの大秘宝を見つけるっていう話だよね?

もえ:最終的な目的はそこなんだけど、戦いをするたびに成長して、仲間との絆も深まっていって…とにかくただの冒険漫画じゃないんだって!

あゆみ:ふーん。

もえ:白髭とエースのとこなんかマジ泣きしちゃったし。

あゆみ:私もそのシーンは感動しちゃった。

もえ:でしょでしょ?少年漫画だけど大人が読んでも泣けるし感動できるし、夢がたくさんつまってるの!

あゆみ:ふーん。まぁそうだよね(笑)。現実には悪魔の実の能力とかってありえないもんね。火をも焼き尽くすマグマだっけ?普通に考えると意味わかんないし。

もえ:でも海賊っていう設定はやっぱり日本じゃリアリティなくて、漫画の世界って感じだよね。

あゆみ:ちょっと前にマラッカ海峡やソマリア近海での海賊がニュースになってたじゃん。日本の船も被害にあったりしてたし。といっても日本にいるといまいちピンとこないよね。

もえ:うんうん。その時、海賊っていう職業があるのにビックリしたもん。

あゆみ:職業って(笑)。でも、実は日本にも平安時代から江戸時代にかけては海賊がいたんだよ。

もえ:えー!意外!

あゆみ:九州や瀬戸内海、紀伊半島や伊勢湾とか日本各地にいたんだけど、だんだん幕府の権力下になっていって、最終的には海の軍事力として水軍に編成されていったみたいだけど。

もえ:どっちかっていうと、海賊ってやっぱりヨーロッパや中東とかアフリカにいそうなイメージだな。

あゆみ:そうそう。だから最初、パイレーツ・オブ・カリビアンみたいな海賊作品はヒットしないって言われてたみたいだよ。

もえ:日本と違って長い歴史のなかで海賊=憎むべきものだもんね。

あゆみ:海賊をリアルに描くとヒットしないし、まして現代の海賊はハイテク武装して、通信機器とか小型の高速船やマシンガン使って少人数で石油タンカーや商船・漁船を襲撃するから本当に犯罪者だよね。描いてもしょうがないというか…。

もえ:夢がないー。

あゆみ:誰もひとつなぎの大秘宝なんて探してないしね(笑)。だからパイレーツ・オブ・カリビアンはディズニーが手がけたから成功したといわれてるんだ。

もえ:ディズニーには夢があるもんね。

あゆみ:ところで、今の戦隊モノって何か知ってる?

もえ:え?知らないし。

あゆみ:海賊戦隊ゴーカイジャーっていうんだって!地球にお宝を探しにきた宇宙海賊の5人が、地球を守るっていう話。

もえ:スケールでか!宇宙海賊って…これまた夢のある話だね。

あゆみ:そう。やっぱり夢がないとイケてる海賊にはなれないってこと。暗いニュースばかりで夢を見にくい時代だからこそ、果てなき夢を追うカッコいい男たちの象徴として「海賊」ブームがあるのかもしれないね。

もえ:そのうち子供のなりたい職業に「海賊」がランクインしてきたりして(笑)


【送料無料】ワンピース(ONE PIECE) 漫画全巻セット 1-63巻【全巻セット】【smtb-u】【ワンピース(ONE PIECE)】
海賊となったモンキー・D・ルフィを主人公とするひとつなぎの大秘宝(ワンピーズ)を巡る海洋冒険ロマン。夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道をいく物語として国民的人気を博している。また深く練りこまれた壮大な世界観、巧緻津な設定のストーリーとなっており、戦争や権力、領土問題、宗教問題、差別問題など様々な社会問題を風刺する内容も織り交ぜられている。


【先着特典付き】パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 DVD+ブルーレイセット【Disneyzone】【パイレーツ・オブ・カリビアン】
ウォルト・ディズニーのテーマパークのアトラクションであるカリブの海賊がベースになっている。主人公はジョニー・デップ演じるキャプテン・ジャック・スパロウ。シリーズは2003年に「パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち」が公開され、2006年には「パイレーツオブカリビアン/デッドマンズ・チェスト」、2007年に「パイレーツオブカリビアン/ワールド・エンド」、2008年「パーレーツオブカリビアン/生命の泉」と続き、更にあと2本の続編が予定されている。


あゆみ
あゆみ/198*年生まれ。N大学総合政策学部卒業、保険会社勤務を経てファイナンシャルプランナーとして家庭を守る。

もえ
もえ/平成生まれの誰からも愛される可愛いルックスで某モデル協会に所属。趣味はお散歩。