ブログで発信していく人達を支援し、世の中に役立つブログメディアを育てる――株式会社ライブドアが主宰する『ブログ奨学金』その第2期受給者に、先日なんと本誌「カザーナ-CAZANA」が選出されました!
ブログ奨学金


ライブドアは9月21日、7月より応募を開始した「第2期 ブログ奨学金」として9名を第2期の受給者に選定したと発表した。

ブログ奨学金は、ブログを通じて役立つ情報を発信したい人に対して、同社が年間最大300万円のサポートをする制度。2010年5月に第1期がスタート。今回は第2期の選定となり、独自性や客観性、拡張性、テーマ性、社会性、継続性などを基準として、選考委員会の審査により応募総数1507ブログの中から9名を決定した。

受給者は特待生のほか、第1種~第3種で構成され、特待生は300万円、第1種は120万円、第2種は60万円、第3種は30万円が支給される。また、ブログメディアの構築支援や運用支援、サポートなどが受けられる。




昨年の第1期生募集、その後の『日本ブログメディア新人賞』設立など、近年のライブドアの取り組みには正直度肝を抜かれっぱなしだったのですが、今や星の数ほどあるブログの中で、まさか本誌がその名誉を授かることになるなんて。暗いニュースの多い昨今、これ以上ない光栄と思っています。

何より選考理由として「骨太な初期衝動」「切り口がいい」という言葉で、発行開始からわずか1年に満たない未熟な本誌の「伸びしろ」を評価して頂けたことが本当に嬉しく、これは自分だけでなく、本誌に携わる全ての関係者の励みになると確信しています。

これまで本誌を支えて頂いた読者の皆様および執筆者様にあらためて感謝の意を表すとともに、この栄誉に甘んじることなく、今後もより面白い「次世代サラリーマンの、次世代サラリーマンによる、次世代サラリーマンのための」誌面作りに邁進してまいります。

今後とも「カザーナ-CAZANA」を宜しくお願いいたします。

平成23年9月25日
変 周長