特選大戸屋ランチ
大戸屋ではまず鶏肉メニューを注文してみることをオススメします。「やよい軒」「まいどおおきに食堂」などいわゆる定食系チェーンの中では間違いなく史上最高レベル、日本の外食チェーン全体で捉えても、間違いなく三本指に入るだろう圧倒的に美味い鶏肉をお手頃価格で食べさせてくれます。

というわけで、今回もスタンダードメニューを決定するのには骨が折れました。メニュー表にも毎回大きく掲載されていることから、おそらく同店のメガヒット商品であろう「鶏と野菜の黒酢あん定食(790円)」と最後まで悩むことになったのです。

が、最終的にはやはりコロッケと鶏の竜田揚げという“定食の代表選手”をがっぷりよつで並べた上に、勢い余って店名をも冠してしまったこの「特選」が持つ絶妙なバランスこそ、スタンダードの称号が相応しいと判断しました。

かぼちゃコロッケ、鶏肉の竜田揚げ、大根おろし、半熟目玉焼き、地味にドレッシングが美味し過ぎるキャベツスライス、そして蓋付きのあったかいお味噌汁。さらに、これは大戸屋の定食メニュー全てに言えることなのですが、無料で白米ともちもち五穀米を選択できるという非の打ち所の無さ!この栄養バランスはやはり定食チェーンならではの魅力ですね。さすがに丼ものだけでは、なかなかこれだけ満足な昼食にはなり得ません。

しかも、これがまさかの640円なのです!などと言うと、「いつもの500円以下の丼ぶりと比べると割高感がある」という声がどこからともなく聞こえてきそうですが…何をおっしゃるウサギさん。試しに一度このキャベツでも食べてごらんなさい。貴殿が丼ぶりに100円足して食べているいつものあのキャベツとは、きっと幸せ感に天と地ほどの差があることでしょう。大戸屋は、キャベツが定食の生命線であることを他のどのチェーンよりも深く認識しているに違いありません。でなければこの値段で、こんなに旨いキャベツが出てくるはずがないのです。

ちなみに、ランチという名称が付いていますが、営業時間内はいつでも食べられるので安心してください。土日仕事の方には朗報ですね。

それでは今日も、手と手を合わせて、いただきます!