51Q+KeZ3uIL__SS500_
俺は前々から、「もし現代に坂本龍馬・松下幸之助・司馬遼太郎が生きていたとしても、一緒に仕事はできない」と周りに勝手に宣言してきた。こういう場合、相手が俺と仕事がしたいと思うかどうかは、当然のごとく考慮しないものとする。歴史家たるもの、自分のことを棚に上げないとまともな文章が書けないのである(笑)。

で、なぜ今更こんなことを言い出したのかというと、ようやく松下政経塾の“闇”が表に露呈し始めたからだ。松下幸之助と俺がなぜ一緒に仕事ができないのか、という理由がやっと説明できる。

“松下政経塾"と中国の関係…スパイ疑惑で脚光

在日中国大使館の李書記官によるスパイ疑惑が深刻化している。書記官は、中国人民解放軍総参謀部の情報機関「第2部」の所属ながら、野田佳彦首相も学んだ松下政経塾の特別塾生や、東京大学付属機関の研究員として、日本の政財界中枢とパイプを築いたという。「経営の神様」松下幸之助氏が立ち上げた同塾は大丈夫なのか。

「幸之助氏は存命中、『中国は、経済はいいけど政治はダメだ』と言い続けていた。このため、松下政経塾は以前、中国からの海外インターンを受け入れていなかった」

こう語るのは同塾関係者だ。ところが、1989年に幸之助氏が亡くなると、状況はしだいに変わったという。

「日本企業が中国市場への進出を拡大し、日本の政財界が中国政府のご機嫌を取るようになった。そのころから、松下政経塾は中国からの海外インターンの受け入れを始めている。いまでは20人近くの中国人卒業生を出しているはずだ」

彼らが塾生として日本で学び、「親日派」になるならそれでもいい。しかし、関係者は「塾に、そんな機能や力量はない」といい、続ける。

「海外インターンは『松下政経塾』という看板を使って日本国内を自由に動き、色々な人と会うことができる。官庁も企業も『松下-』という名前だけで信用してくれる。いわば彼らは自由な通行手形を得ているようなもの。それを利用すればどうなるか。今回の疑惑は一例ではないか」

松下政経塾は、松下幸之助氏が「新しい国家経営を推進していく指導者育成のために」と設立した。その崇高な理念を悪用しようとした組織や輩がいるなら許されることではない。塾側も十分な注意が必要ではないか。(安積明子)
――ZAKZAK:2012年6月1日(金)配信

毎度ハッキリ言ってしまうので申し訳ないが、松下幸之助なんか、ただの成り上がりだ。歴史に学ぶとかいってPHP研究所を立ち上げたのはいいが、まったく自分の姿が見えていなかった。

先日のパナソニック大赤字の理由が本誌でも取り上げられていたが、そもそもの原因は、やはり松下幸之助が継承者を育てるシステムを社内に確立しきれなかったことにある。成り上がりらしく、最後まで自分の名を高めることに夢中で、後進のことを考えていなかった。いや、たとえ本人なりに考えていたとしても、自らの名誉を貶めてまで行おうとは思っていなかったはずだ。そこに致命的な欠点があったと言わざるを得ない。

かつて秀吉にも恐れられ、関が原では九州統一寸前まで行って、家康を戦慄させた天才軍師、黒田官兵衛。彼は死ぬ間際に、今まで育てた家来を呼びつけ、口汚く罵り、喚き、涙を流し醜態を晒した。それを見かねた跡継ぎの長政が嗜めると、官兵衛は耳元で声を低くしてこう答えたという。

「黙って見ていろ。俺が今までの俺のままで死ねば、忠誠心はお前にでなく俺に向いたままになる。ここで、口汚く老醜を晒すことこそ、お家の大事なのだ」と。

黒田官兵衛は策略家というだけでなく、組織づくり・人づくりの名人だった。手塩をかけて育てた武将は実に優秀であり、その部下育成術は全て成功したとさえ言えるものだった。ただ一人、長男の長政の教育を除いては…。

黒田官兵衛については興味深いエピソードに事欠かないので、また別の機会に書いていくことにしよう。

いずれにせよ、松下幸之助は黒田官兵衛にはなれなかった。最期まで、自分が栄光の人であることから降りられなかった。それが、政経塾が腐った一番の原因だ。

民主党が駄目なのは、所属の人間がほとんどこの病気に掛かっているから。自分が坂本竜馬になるために、他の連中の足を引っ張る。坂本竜馬には一人しかなれないからな…。こんなものを目標にした松下政経塾のコンセプトは、根本的に間違いだったと言わざるを得ない。

結局、松下幸之助も、自分に酔った英雄症候群だったのではないか。そういう意味では、社名に「本田」の名前を付けることすら嫌がった本田宗一郎のほうが、後進の教育には向いていたのかも知れない。

一代目は強烈なカリスマで組織を引っ張るものだが、後進を考えれば自分を真似するような風習は残してはならない。そのためには、自分のカリスマを始末する二代目を用意しておかねばならないのだが、松下はそれを怠ったのだろう。

ちなみに、キリスト教が世界に広まったのは、始祖キリストの偉大さというよりは、継承者のペテロやパウロの高度な平凡性に負うところが大きい。

継承という仕事は、かくも難しいものなのである。

瀬戸内平八
せとうちへいはち/愛媛県出身・在住の歴史家、旅人、ニート…何でもいい。本音持って来い!自由とは、覚悟の色、矜持の風。人生を検索するな!結果のバランスを取るな。大義親をも滅ぼす。知行同一。間違ったら即焼き土下座。優しさを捨てて寛容になれ。そして敵を祝福せよ。