日本直販 総通
「日本直販テレビショッピング」でお馴染みの総通が経営破綻、民事再生法の適用を申請したそうです。私がすぐに思い浮かんだのは「高枝切りバサミ」ですが、「スーパーはぼき」「ふとん圧縮袋」も日本通販ブランドだったのですね。みんな実家にあったわ…。通信販売の業界規模自体はネットの躍進もあり右肩上がりなはずですが、テレビにこだわるあまりネットへの対応が出遅れていたとのこと。ジャパネットたかたを始めとした競合他社の躍進を見ていると、ネットの活用次第ではV字回復の可能性もあったはず。残念です。

<日本直販破綻>ネットへの対応遅れ テレビ広告費かさむ

「日本直販」ブランドのテレビショッピングで知られた総通が経営破綻したのは、成長を続けるインターネットを通じた市場への取り組みが遅れたことが大きい。通販業界自体は市場が拡大しているなか、広告費などのコストもかさむテレビだけでは限界があることを示した。

総通は近年、低迷を続けており、90年代に500億円を超えた売上高が11年9月期に255億円に半減。業界紙「通販新聞」によると総通の売上高は業界40位、テレビ通販に限っても11位にとどまっていた。

総通の不調と対照的に躍進したのが00年11月にウェブサイトを開設した米系ネット通販のアマゾンジャパンで、通販新聞によると今や業界最大手。11年度の売上高は5000億円台前後と推定される。書籍、音楽、家電など幅広く、商品点数は約5000万点。自社で物流センターを持って在庫を抱えることで宅配業者への大口委託が可能となり、流通コストを削減した。

アマゾン上陸と時を同じくして、国内通販各社のネット参入が相次いだ。カタログ通販が中心だった大手の千趣会は、00年に始めたネット通販が現在では、年間売上高約1300億円の6~7割を占める。主な顧客が30~40歳代の女性だったこともネット通販にシフトしやすかった。

深夜のテレビ通販が中心だったジャパネットたかたも00年にネット通販を始める一方、01年にはCSデジタル放送で自社の専門チャンネルの放送を始め、現在は商品紹介番組を24時間流す。一方で、新聞の折り込みチラシなど紙媒体も重視する「メディアミックス」戦略で顧客層を拡大。テレビ通販を始めた94年に43億円だった売上高は11年に1531億円に拡大した。

一方の日本直販は最近でもテレビCMによる商品紹介が中心だった。利幅が大きくなるヒットに恵まれず「テレビ放送する際の広告費が負担になり、相当厳しいのではないか」(大手通販業者)と見られていた。
―――毎日新聞11月9日(金)21時27分配信


知名度の高いブランドだっただけに反響も大きく、昨日の検索キーワードで「日本直販」が1位になったりしたそうです。ところがTwitterを見てみると、どうもみんな反応がオカシイ。










違う、そうじゃない。

【中古】シングルCD 鈴木雅之/違う、そうじゃない【Marathon10P03nov12】【マラソン201211_趣味】【画】

それは「日本文化センター」で、全くの別会社なんです。正解はコチラ。↓



正解は「はい!日本通販です」で、最後に「お待ちし~て~いま~す~♪」でした。そうだ、そうだった!私も今ようやく思い出しました。子供の頃のうろ覚えですが、確かにこのCMでした。ただ、最近ではこの曲は流していなかったようです。一方の日本文化センターは今もあの曲で頑張っているということで、どうやらここでイメージに差が出来てしまったみたいですね…。メディアはとにかく「継続は力なり」ということなのでしょうか。それにしてもこの「ユピコール」…フォルムが斬新すぎる。開発者楽しかっただろうなあ。

なお、日本直販の通販業務は、東証一部上場のトランスコスモス(東京都渋谷区)が、スポンサーとなり継続する方針で協議しているとのこと。廃業じゃないので、名前は残るかも知れません。また「お待ちし~て~いま~す~♪」CMは復活するのでしょうか。創業から約40年間お疲れ様でした。今日からしばらくは、消費者が新たなヒット商品を「お待ちし~て~いま~す~♪」ということにしておきたいと思います。