the rooms 1st demo
あくまで男目線かもしれないが、自分が新たに好きなバンドを探すとき、どうしてもバンドの女性メンバーの個性を探し求める傾向がある。Vo.にとどまらず、今や様々なパートに女性の進出が目立ち、以前よりさらにタフ…というか、今は男女関係なくバンドメンバーとして個々の力をステージで発揮できているのが嬉しい。決めつけのない、いい時代になったものだ。

そんなわけで、今回紹介するバンドは the rooms というVo.&Gt.の女性とBa./Dr.の男性の3ピースバンドである。いつものようにYoutubeで気になるバンドのPVをまるで連想ゲームのように次々とチェックしていくと、『チアチアゴー』でVo.&Gt.のこうのれいさんのやたらめったら上手いギターに思わず感服し、陰陽の間を絶妙に行き来する独特な声が、一度聴いたら絶対もう一度聴きたくなってしまう魔性の力を持っていて、すっかり惚れてしまったのだ。毎度のことだが、惚れっぽいだけだろという批判は受け付けない。

イケイケの曲調ではあれど、それと見せかけてサビの最後は「さよなら光る未来」なんて、現実を思い知らせるような歌詞…。一見ボーっと青空を見上げているだけかと思いきや、実はそれぞれの事象をつぶさに観察して深く悟りを開いていくような作風。バカ騒ぎにすら漂う哀愁。飄々とやさぐれながら、衝動的に、ひたすらおもむくままに歌っているのかと思わせておいて、その実は、真摯に今生きるこの瞬間・この感情を生々しく描き出しているのだ。

もちろんこの曲だけにとどまらず、他の曲にも個性が咲き乱れており、これは只者ではないとすぐに気が付くレベルである。まぁ『炭酸幽霊』とか『猛烈に怒れる日々』のように、タイトルを目にするだけでもザブングルを軽く超越したかのような、久しぶりにゾクっとさせてくれるバンドが出て来たなという感がある。

なお、彼らの音源はnauというサイトからダウンロードすることができる。このnau…実はユーザーの支払ったお金の20%を運営費に充て、残り80%はアーティスト・権利者に支払い、実際の分配の内容についても公開される。なかなかアーティスト本位のシステムになっており、従来の音楽業界と一線と画したネットでのこの取り組みに僕が賛同しないわけがない。

また、彼らはサイト内の Great Hunting という新人発掘プロジェクトの中で大々的にフィーチャーされてもいる。個人的には back number 的に大化けをしてくれるのではないかと、まるで我が子が高校生クイズ選手権の本選に出場すると決まった時に親が抱く期待感に近いものを持っている。最近日経平均株価が急上昇しているようだが、音楽業界でも the rooms という有望株は確実に買いだと断言しておきたい。



路考茶
ろこうちゃ/片田舎の音楽評論家。専攻は「環境と音楽」。中学1年で音楽全般に目覚める(受け専門)。田舎ではどうしてもラップ・レゲエや演歌、歌謡曲しか通じないため、本誌を通して密かにROCKMUSICの雪解けを企んでいる。Twitter ID@my8mountain8hop
>> 続きを読む