思い出には、香りがある。
香りは、思い出を連れてくる。
 
隣に座ったカップルの笑い声をBGMに、ひとりdeランチをしながら、そんなことに想いをめぐらせていた―。

この前、私は渋谷からの帰宅途中、時間調整のために少し長くホームに止まっていた急行電車に運良く乗れた。まもなく発車のアナウンスが流れ、ドアが閉まろうとしたとき、ひとりの男性が駆け込んできた。息を切らせて、少し乱れた髪を整えながら私の隣に座った……その瞬間。ふわっとイイ香りがした。私は思いがけずドキッとした。なぜなら、その男性がまとっていた香水の香りが、元彼と同じ香りだったからである。
>> 続きを読む