缶珈琲クロニクル、いかがだったでしょうか。まるで通販のカタログサイトみたいになりましたね(笑)。そして某ロボットアニメのような展開でしたね。勢いに任せてパクリ過ぎましたね(笑)。結果、カザーナの特集としてはかなりイレギュラーな内容になりました。創刊02号というよりは別冊に近かったと思います。そもそも「この編集方式なら同じ形式で同じものを並べたら面白いかな?」くらいの軽~い動機で始めてしまったのですが…そう、始めてしまったんです。「次これやります」って言っちゃった僕が全部悪いんです。もう煮るなり焼くなりウィキリークスに載せるなり好きにして下さい。
>> 続きを読む